トーク&ワーク

<ワークショップ 全メニュー>

※各メニューごとに、詳細ページをご覧ください。

 

●トーク&ワーク

そのときどきのお話と、各種の意識変容プログラム

松田仁による月例会です。

そのときどきで、私がお伝えしたいこと、あるいはリクエストをいただいたテーマについて 松田流の切り口からお話をします。

そして「ただ頭でわかる」というだけに終わらず、ほんとうにご自身に変化を起こしていただくために、あわせてワーク(実習)を行います。
呼吸法、ヨーガ、気功、エネルギーワーク、瞑想……、40年以上実習を重ねてきた講師が、みずからの体験をベースに、「ほんとうに効果のある」実習をめざします。

テーマや内容についてリクエストがある方は、お気軽にお申しつけください。

【11月のテーマ】

リクエストをいただいたので、東京での来月の月例会=トーク&ワークは「レムリア」をテーマにお話とワークをしたいと思います。

10月は、体外離脱者の経験談等をとおして、人は身体という感覚から自由になりさえすれば、「自分をまもらなければいけない」という思いからも自由になり、ぼくたちを苦しめているほとんどの問題がなくなるというお話をしました。

かつて「レムリア」と呼ばれる超古代文明があったとされますが、そこで暮らしている人々は、いまほどには意識が重く固着していなかったから、身体も、そして自分が現実化する世界も重く固着していなかった──要するに、もう少し光に近い状態で暮らしていたとされます。

そんな超古代文明と、そこで暮らしていた人々に関する情報をご紹介するとともに、いままた光に還るに際して、自分の内に眠っているレムリアの記憶を呼び覚ますためのワークをしてみたいと思います。

名古屋とひたちなかでは、上記テーマは12月に行う予定です。

11月は、『【現実】という名の【夢】の 愉しみ方 と 目覚め方』題してお話とワークを行います。

よく、「毎日の生活こそが最高のレッスン」ということが言われます。
祖元禅師は「行住坐臥 一切の時勢 これ最善の道場」という言葉を残しているし、インドでも「カルマヨーガ」、つまり日々の行いそのものがヨーガだと言われています。

じっさいのところ、毎日の生活をとおして素敵に輝いていける人と、そのようには見えない人がいます。

「スピリチュアルに生きるということ」とはどういうことか。
そして、「霊性(スピリチュアリティ)を高める」ためにはどうしたらいいか。

みなさんといっしょに、そのための<コツ>と<ヒント>を考えてみたいと思います。

※チャネリング能力やヒーリング能力などの、スピリチュアルな感受性を育みたいという方は、『スピリチュアルカウンセラー養成コース』を受講なさってください。

 

 

<東京>

 「レムリア」

■11月20日(火)13:00-17:00
■めぐろパーシモンホール 会議室(東急東横線 都立大学)

■11月25日(日)13:00-17:00
■心身障害者センター  視聴覚室=東急東横線 都立大学

 

<名古屋> 

「【現実】という名の【夢】の 愉しみ方 と 目覚め方」

■11月11日(日)13:00-17:00
■iccco(地下鉄東山線 覚王山)

「レムリア」

■12月9日(日)13:00-17:00
■iccco(地下鉄東山線 覚王山)

 

<ひたちなか> 

「【現実】という名の【夢】の 愉しみ方 と 目覚め方」

■11月13日(火)13:00-17:00
■オンブラージュMocoMoco

「レムリア」

■12月11日(日)13:00-17:00
■オンブラージュMocoMoco

※同じテーマの演目については、
 開催日が異なっても、ほぼ同じ内容を予定しています。

※料金はいずれも5,000円。
 現在、コーチングをお受けの方は無料。

 ただし、ひたちなか での開催については、ぼくの交通費を参加者割り勘でご負担いただくほか、運営は主催者におまかせしています。

※ほかにも主催してくださる方がいらっしゃれば、出張を検討します。

■持ち物、服装: 

動きやすく、体をしめつけない服装でお越しください。 

横になってやるワークを行う場合があります。
必須ではありませんが、バスタオル、ブランケット等、羽織るものをお持ちいただくとご安心かもしれません。

 

お問合せ、お申込みは、各メニューのご案内下部のガイドにしたがってください。
あるいは、意識デザインまで直接ご連絡ください。

●E-mail: ishiki.design@gmail.com

 

振込口座 三菱東京UFJ銀行 武蔵小杉支店 (普通)5139099 株式会社エム
(代金は、とくに指定がないかぎり、いずれも当日現金払いにて申し受けます)