トーク&ワーク

<ワークショップ 全メニュー>

※各メニューごとに、詳細ページをご覧ください。

 

●トーク&ワーク

そのときどきのお話と、各種の意識変容プログラム

松田仁による月例会です。

そのときどきで、私がお伝えしたいこと、あるいはリクエストをいただいたテーマについて 松田流の切り口からお話をします。

そして「ただ頭でわかる」というだけに終わらず、ほんとうにご自身に変化を起こしていただくために、あわせてワーク(実習)を行います。
呼吸法、ヨーガ、気功、エネルギーワーク、瞑想……、40年以上実習を重ねてきた講師が、みずからの体験をベースに、「ほんとうに効果のある」実習をめざします。

テーマや内容についてリクエストがある方は、お気軽にお申しつけください。

【7月のテーマ】

今月は「人間関係」をとりあげます。

よく言われることですが、「人間」とはまさに「人と人の間」。
つまり、ぼくたちは関係性の上に存在をしているわけです。

人が生きていくうえでの喜びも苦しみも、
その多くは人間関係に左右されると言っても過言ではないでしょう。

 

ぼくたちは、ふだん<自分>を基準に生きています。

けれども他の人と関わる際、
相手もまた<自分>を基準に生きているから、
しばしばそこにバッティングやすれ違いが起こります。
そこで、人は<自分>が絶対のものではない、
ということに気づかされるわけです。
その結果、人間関係はけっきょくのところ
自分自身と向き合うことへと繋がっていきます。

 

また「人間関係」というテーマは、
「仕事」や「ビジネス」とは違ったむずかしさがあります。

仕事やビジネスにおいては、与えられた条件のなかで
お互いに何らかのメリットを交換し合うという共通の目標があります。
その目標に向けて、基本的に一般論や大数の法則にもとづいて
処理していけばいいのです。

はじめから、すべての人が満足してくれることは前提にはしておらず、
一定の数の人が満足してくれればいい。
そして、トータルで必要なだけの予算が達成できればいいんです。

したがって、仕事やビジネスは
おおむねロジックやアルゴリズムに還元できる。

でも、家族や恋愛や友情はそうはいかない。
あるいは、苦手な人との関係もそうです。
世界中のみんながYesであることでも、
いま目の前にいるただ一人の相手がNoだったらアウトなんです。

一対一の人間関係は「基準」ではなく
「愛」にもとづいて進める要素が大きいから、
客観的な正解がない──その都度、手探りで感じながら
言葉や行動を選んでいかないといけない。
頭のよい人やマジメな人が、しばしば
人間関係において不器用なのはこの辺の事情によります。

けっきょくのところ、人間関係というのは
理屈や正義や一般論では解決できないんです。

 

さらに言うと、すべては変化しているから、
当然人間関係というのも変化をしていきます。

家族や恋愛や友情、そして苦手な人との関係も含めて、すべてそうです。

もともと変化が摂理であるのに、
永続的に一定の状態がつづくことを望んだなら、
当然そこに問題が生じます。

私たちは、時間の経過に伴う人間関係の変化
ということについても適切に対応していきたいものです。

 

今月のトーク&ワークでは、さまざまな人間関係の奥底に何があるか、
そこから人は何を学ぶことができるか、
そしてもしそこに障害があったなら、
何がそれを乗り越えるためのカギになるか
──そんなことについてお話と、あとできたらワークもしたいと思います。

 

最終的に、スピリチュアルの先生たちは
「<私>はいない」なんてことを言います。

まぁ、結論から言うなら、人間関係の諸問題をとおして
<私>と<あなた>の分離を乗り越えたところに
その境地はあるのでしょうが、そのあたりのことについても
何かヒントが提供できたらと考えています。

 

また、リクエストをいただたいので、
「ワンネス」がどのようなプロセスで
「パーソナル(個人)」へと至るのかとか、
「ツインフレーム」等々、人間関係にまつわる
スピリチュアル特有のテーマにも言及してみたいと思っています。

よかったら来てください。

名古屋は、特別プログラムにて『トーク&ワーク』はお休みとさせていただきます。

 

<東京>
■7月23日(火)13:00-17:00
■八雲住区センター 第1会議室(東急東横線 都立大学)

■7月27日(土)13:00-17:00
■心身障害者センター 文化事業室(東急東横線 都立大学)

<ひたちなか>
■7月31日(水)13:00-17:00
■オンブラージュMocoMoco

※料金はいずれも5,000円。

 ただし、ひたちなか での開催については、松田の交通費を参加者割り勘でご負担いただくほか、運営は主催者におまかせしています。

※ほかにも主催してくださる方がいらっしゃれば、出張を検討します。

 

■持ち物、服装: 

動きやすく、体をしめつけない服装でお越しください。 

横になってやるワークを行う場合があります。
必須ではありませんが、バスタオル、ブランケット等、羽織るものをお持ちいただくとご安心かもしれません。

 

お問合せ、お申込みは、各メニューのご案内下部のガイドにしたがってください。
あるいは、意識デザインまで直接ご連絡ください。

●E-mail: ishiki.design@gmail.com

 

振込口座 三菱東京UFJ銀行 武蔵小杉支店 (普通)5139099 株式会社エム
(代金は、とくに指定がないかぎり、いずれも当日現金払いにて申し受けます)