トーク&ワーク

<ワークショップ 全メニュー>

※各メニューごとに、詳細ページをご覧ください。

 

●トーク&ワーク

そのときどきのお話と、各種の意識変容プログラム

松田仁による月例会です。

そのときどきで、私がお伝えしたいこと、あるいはリクエストをいただいたテーマについて 松田流の切り口からお話をします。

そして「ただ頭でわかる」というだけに終わらず、ほんとうにご自身に変化を起こしていただくために、あわせてワーク(実習)を行います。
呼吸法、ヨーガ、気功、エネルギーワーク、瞑想……、40年以上実習を重ねてきた講師が、みずからの体験をベースに、「ほんとうに効果のある」実習をめざします。

テーマや内容についてリクエストがある方は、お気軽にお申しつけください。

【5月のテーマ】

先に、東京では「クンダリニー」を、名古屋では「意識のめざめ」をテーマにお話とワークをやります──とご案内しましたが、変更ですm(“)m

東京では、先に「丹田を育てる」ことに取り組みましょう。

名古屋は、予定どおり「意識のめざめ」をやります。

.   ◇     ◇     ◇

ある程度、丹田ができていることがクンダリニーに取り組む前提にもなりますし、またクンダリニーに取り組まない人にとってもここは重要なところですから。

丹田をさらにくわしく分けると、上丹田(眉間奥)、中丹田(胸の中央)、下丹田(ヘソ下3寸)とがありますが、何も言わずにただ「丹田」というときには下丹田のことを指します。

「丹」というのは、訓読みでは「あか」とも読み、赤とか朱系統の色のことを言います。
エネルギーを霊視できる人たちは、下丹田のエネルギーをおおむね赤っぽく感じるようです。

「田」は田んぼ。

田んぼといえば、稲を育てるところですが、そこから敷衍して「ものを産み育てる場所」という意味を持つそうです。

そこから、人間の身体でエネルギーを生み育てる場所のことを「丹田」と呼ぶようになったと言われます。

「エネルギー」については、4月にテーマとしましたが、「健康」「人間関係」「仕事」「お金」といった現実的なことから、「覚醒」「アセンション」といったスピリチュアルなことまで、すべてはエネルギー次第です。

だから、何をやるにせよ、まずここがしっかりしていないと話が前に進まないんです。

今回は、「下丹田」を中心に「上丹田」「中丹田」、あるいは丹田とは違うんだけど「スヴァディスターナ・チャクラ(第2チャクラ)」、そして気功における「命門」、タオに伝わる「珠(パール)と八卦」「100万ドルのポイント」等にも触れながら、おもにワークを中心にやりたいと思います。

「クンダリニー」は6月に繰り延べの予定です。


<東京> 「丹田を育てる」
■5月20日(日)13:00-17:00
■5月29日(火)13:00-13:00

■心身障害者センター  文化事業室(和室)=東急東横線 都立大学

■参加費:5,000円
※現在、コーチングをお受けの方は無料。
※現在、タントラスタディ(グループ2以上)をお受けの方は 3,000円

タントラスタディにご関心のある方は専用ページをご覧ください。
⇒ メールレクチャー『タントラスタディ』

 

<名古屋> 「意識のめざめ」
■5月13日(日)13:00-17:00 

■iccco(地下鉄東山線 覚王山)

■参加費:8,000円
※現在、コーチングをお受けの方は無料。
※意識のめざめ-1 修了者は 5,000円
※意識のめざめ-2 修了者は 3,000円

くわしい内容については専用ページをご覧ください。
⇒ ワークショップ『意識のめざめ』

■持ち物、服装: 

動きやすく、体をしめつけない服装でお越しください。 

横になってやるワークを行う場合があります。
必須ではありませんが、バスタオル、ブランケット等、羽織るものをお持ちいただくとご安心かもしれません。

 

お問合せ、お申込みは、各メニューのご案内下部のガイドにしたがってください。
あるいは、意識デザインまで直接ご連絡ください。

●E-mail: ishiki.design@gmail.com

 

振込口座 三菱東京UFJ銀行 武蔵小杉支店 (普通)5139099 株式会社エム
(代金は、とくに指定がないかぎり、いずれも当日現金払いにて申し受けます)