<意識のめざめ>プログラム

<ワークショップ 全メニュー>

※各メニューごとに、詳細ページをご覧ください。

 

●<意識のめざめ>プログラム

受講前に、もう少しくわしい内容が知りたいという方に……

体験会無料ビデオHotmailはエラーになってしまいます。他のメールアドレスにてお願いします。
※ご利用の機器等によって、まれに申込フォームがうまく作動しないことがあります。
 その場合は、下記あてに直接メールアドレスとお名前をお知らせください。

 ishiki.design@gmail.com

 

「幻想」の終わりと、新しい人生のはじまり

インドの伝統的な教えの特色は、<意識>の変容のためのワークを伴っているということです。

たとえば釈迦は「八正道」という形で、悟りに至る8つの項目を挙げていますが、一番はじめが「正見(正しいものの見方)」であり、一番最後は「正定(正しい意識の状態)」です。

八正道

<意識>とは、映画のようなものかもしれません。

私たちは、スクリーンに映った画像を観ながら一喜一憂している……。映画であれば、私たちは一喜一憂しながらも、同時に画像は「真実」ではないことを知っています。
たとえ、それがどんなに「リアル」だったとしても。

なぜ、それを知っているのか? それは私たちが、画像が映しだされる前のスクリーンを観たからです。

いろいろな経験

<意識>に浮かぶ、さまざまな「思い」や「感じ」もまた、スクリーンに映った画像のようなものだったとしたらどうでしょう。
どうしたら、そんなことが判るのか? ──<意識>のスクリーンを観ることによって、です。

<意識している自分>はいるのに、<意識していること>がない状態のことを「純粋意識」といいます。
つまり、<意識>のスクリーンを観るという体験です。

古来よりインドでは、そのための方法が伝えられてきました。
それは、止(サマタ)と観(ヴィパッサナー)に要約されます。
止(サマタ)とは、<意識していること>につられて意識を動かさないこと。
観(ヴィパッサナー)とは、<意識していること>を意識し続けることです。

現代西洋における意識変容ワークの元祖ともいうべきグルジェフの教えのポイントもここにあり、ヴィパッサナーを大衆化した「マインドフルネス」や、最近ではフランク・キンズローさんの「ユースティルネス」もまた、とてもシンプルな方法でそれを伝えています。

いきなり「悟り」や「覚醒」といっても、それを現実的な体験として感じることはかんたんではありません。
でも、「純粋意識」をマスターするだけなら、数時間から数日のトレーニングで可能です。

 

純粋意識」とは移り変わる映像ではなく、その下にあるスクリーンに気がついている状態です。
そのとき人は映像の束縛から自由になり、映像に一喜一憂するだけの人生からは卒業することになるでしょう。

さらにいうなら、移り変わる映像が絶対的なものではないと解ることによって、逆にそれらをダイナミックに創り、愉しむ……という道も開けてきます。

「意識のめざめ」が進むことによって、下記のような効用が期待できます。

・「すべてはひとつである」「いま、ここにいる」という感覚が定着する

・人生が調和的になる

・愛の意識が育まれる

・洞察力が高まる

・悩みや葛藤が少なくなる。生じてもすぐに処理できるようになる

・人の目を意識したり、他人との比較や、人間関係に悩むことがなくなる。

・現実化が起きやすくなる

・ヒーリング能力が開花する

・瞑想のコツを体得することができる

・悟りの一環となる


よかったら、あなたもそれを体験してみませんか?

プログラム受講のお申込み、お問合せはこちらから!

 

受講前に、もう少しくわしい内容が知りたいという方に……

体験会無料ビデオHotmailはエラーになってしまいます。他のメールアドレスにてお願いします。
※ご利用の機器等によって、まれに申込フォームがうまく作動しないことがあります。
 その場合は、下記あてに直接メールアドレスとお名前をお知らせください。

 ishiki.design@gmail.com

■ファシリテーター= 松田 仁 からのメッセージIMG_84744_R-199x300

「覚醒」というと何か特別な境地であるかのように思われるかもしれません。
けれども、それは何も‘特別なもの’ではないのです。
むしろ、‘特別なもの’など何もない、すべてはただ‘あるがまま’であることに気がつくことだと言ってもよいでしょう。
 
こうしたことを知的に理解することも十分に可能です。
私は、18歳のときにそれを理解しました。けれどもそれを理解しても、悩みや苦しみがなくなったわけではありません。
ただ、悩んだり苦しんでも、そのままでOKと思えるようになっただけです。
(まぁ、それだけでも大きな気づきではありましたが)
少なくとも私の場合は、その理解をじっさいの人間関係や社会生活のなかで試してみる、という経験が必要だったようです。

 
それからさらに約30年間、悩んだり苦しんだりの人生(笑)が続きました。
その間も瞑想や滝行や断食をはじめ、真言密教や神道の修行から、各種のマシンやグッズ、はたまた宇宙人より伝承されたと称するテクニックまで、ありとあらゆる方法を試しつづけました。

 
そんな折、ヴィパッサナという瞑想の合宿で10日間、毎日10時間以上瞑想をしている最中に、ある特殊な意識状態を経験したのです。
(じつは、それまでも何度かそれを経験してはいたのですが、比較的時間が短かったせいもあり、ただの錯覚か何かだとスルーしていただけなのですが……汗)
そのときには意識がクリアに澄み渡り、「自分が意識していること」しか意識できない状態になったのです。感覚的に言うなら、<意識>だけがあるような状態です。
このとき、それまで自分にとって目が醒めていると思っていた状態は、じっさいには眠っていたに過ぎない──、そんな感覚がありました。
 
「覚醒」という言葉はけっして比喩ではないのです。
そして、この感覚でいるときには、すべてが‘あるがまま’である──それ以外にはあり得ない状態になるのです。
 
ただ、私の場合はその状態はすぐには定着するには至らず、日常生活をするなかで、いつのまにかまた通常の状態に戻ってしまい、その後ときどき断続的に、突然思い出したかのようにその感覚がやってきては、また通常の状態に戻り……、ということを繰り返していました。
 
今は、多くの時間帯を<純粋意識>の状態で過ごしていますが、<意識>というのは固定的な状態ではないから、もちろんこの先またどうなるかは分かりません。
もちろん、その状態であっても‘あるがまま’、その状態でなくても‘あるがまま’なのですが、やはりただの知的な理解とは大違いです。
そして、この状態が身についてくると、悩んだり苦しんだりしてもOKというだけでなく、ほんとうに悩みや苦しみが消えていくのです。
悩みや苦しみというのは、‘あるがまま’でないときに起こる感覚だから。
 
私はチャネリングもやるし、これまでに体外離脱体験や、クンダリーニの上昇や、融解という全身がとろけるような法悦状態も経験をしてきました。
あるいは、海外ではマジックマッシュルームや、アヤワスカといった聖なる植物を摂取することによりさまざまなヴィジョンを得る体験もしたことがあります。
それらは素敵な体験ですし、それらの経験をとおして得たものもたくさんあります。
 
でも、<意識のめざめ>はそれらとはレベルが違うのです。
どんな神秘体験も、ただの経験です。
けれども<意識のめざめ>は、すべての経験が、ある種の「夢」か「幻想」であることを教えてくれます。
 
最近、欧米では非二元(ノンデュアリティ)という言い方で、悟りの境地をシェアする先生方が増えているようです。
要するに、‘特別なもの’など何もない、すべてはただ‘あるがまま’ということを欧米人の言葉で説明をしているわけですが。

ただそうなると、当然「悟り」も「覚醒」も「それを目指す人」も「そのための方法」もない──ということになっていきます。
たしかにそうなんだけど、でも私はそこに微妙に違和感を感じるのです。
そう、ちょうど私自身が経験したように、知的にそれを理解するのと、<意識のめざめ>をとおして、すべては‘あるがまま’以外にはあり得ない状態になるのとをいっしょくたにしているような感じなのです。
 
じっさいのところ、非二元(ノンデュアリティ)の先生の多くは、自分自身が<意識のめざめ>を経験したからそれを語っているのです。
ただ、少なくとも私が<意識のめざめ>を経験するに至ったのは、のべ1万時間以上の瞑想の結果だったわけだし、そのうえでいつその状態がやってくるかは判らない──、そんなような経験だったから、これまでは限られた方にしかそのような話はしてきませんでした。
 
このたび「ユースティルネス」という手法と出会うことによって、もしかしたら、長い修行が必要だというのはただの観念だったのかもしれない、と思うようになりました。
みなさんが、「なーんだ、こんなに簡単なことだったのか」と気がついていただくきっかけをご提供できれば、と思っています。

よかったら会いに来てください!

 

<プログラムの内容>

参加者の状況やワークの進捗に応じて、若干の変更をすることがあります。

ステップ-1

(目標)

<純粋な意識>の体験について理解をし、じっさいにそれを体験する

(受講資格)

どなたでもご参加いただけます
 

●ステップ 1-1 (2時間40分)

オリエンテーション
各種ウォーミングアップ-1=主として気功のワーク

講話-1=<純粋な意識>と<意識のめざめ>について
「無」のテクニック
思考と感情の扱い
カルマについて
呼吸法

瞑想
生活上のご提案

ステップ 1-2 (2時間40分

各種ウォーミングアップ-2=主として経絡マッサージ&ヨーガ
講話-2=<恐怖>や<不安>につかまらないために

ユーフィーリング・テクニック
催眠(ヒプノ)ワーク
呼吸法
瞑想

●ステップ 1-3 (2時間40分)

各種ウォーミングアップ-3=主としてチベット体操
講話-3=日常生活の送り方

ユースティルネス・テクニック
ブリージング-2
呼吸法

瞑想

 

ステップ -2

(目標)

<純粋な意識>の状態を、自分の全存在、全体験に顕現する。
<純粋な意識>の状態を、全宇宙に拡張する。

(受講資格)

ステップ -1修了者
または、同等のレベルの方

 

ステップ -3

(目標)

すべてのものが<純粋な意識>であることに気がつく。
覚醒の諸段階と、そのプロセスにおいて起こりうることを知る。
プロセスにおいて注意すべきこと、危険が伴うことについて、その対処を知っておく
<純粋な意識>をもって、現実創造を行う。

(受講資格)

プログラム-2修了者
または、同等のレベルの方

 

<受講者の声>は、このページの最後のほうでご紹介をしています。

 

 

 <意識のめざめ>-1 新規受講生募集! 

個別に状態を見ながらご指導をするため、準個人レッスンにて実施しています。
おひとりでも希望者がいらっしゃれば日程を合わせて開催を決定し、その日程に合う方がいらっしゃれば、最大6名まで受け付けます。
 

★ 受講料
ステップ-1
ステップ-2
ステップ-3

64,800円 (税込)

※各回払いの場合、毎回参加の都度22,000円ずつお支払いください。

ヒプノ・コーチングライフ・コーチングビジネス・コーチングを受講中、もしくは過去に受講された方は半額。

※再受講の方は無料。

 

 

プログラム受講のお申込み、お問合せはこちらから!

 

 

受講前に、もう少しくわしい内容が知りたいという方に……

 

体験会無料ビデオHotmailはエラーになってしまいます。他のメールアドレスにてお願いします。
※ご利用の機器等によって、まれに申込フォームがうまく作動しないことがあります。
 その場合は、下記あてに直接メールアドレスとお名前をお知らせください。

 ishiki.design@gmail.com

<受講者の声>

体験説明会 風景

自分の「意識」のもつ可能性がどんとん開拓されていきます。
すごく、おもしろいです!

いままで自分が信じて進んできた道が、根底から覆ってしまいました。
戸惑いながらも、このことを知り、そして体験できてほんとうによかったと思っています。

正直、ここまでしっかり実体験を伴って意識のことを深く学べるとは思ってもみませんでした。
ワークを組み込んで、実際に純粋意識を体験し、そこからユーフィーリング、ユースティルネスへとどんどん深い意識の 状態へと移り変わるさまが私自身、手にとるように実感できて、
また、松田さんのわかりやすい説明により、しっかり理解し、腑に落とすことができました。

限りなくシンプルなテクニックですけど、今迄ダイブする進入角度を間違えてた事を思いしらされました。

私であって、私じゃない……。
目の前の事に一喜一憂するのも、脳がつくったひとつの映像にしか過ぎない。
それをゲームととらえれば楽しめる。
けれど、もっと深い所に意識を切り替えると、とっても穏やかな静かな場所がある。
ここ数ヵ月、その感覚に触れる事を知れた数々の出来事に感謝。

受講を進めていくにつれ、これまで日ごろ感じていた不安や悩みがほとんどなくなっていることに気がつきました。
瞑想経験も長いのですが、純粋意識をマスターすることにより、深い禅定に入れるようになったことにも感動しています。

五感の刺激が、ただ流れていくことに「気がついている」だけ──という感じです。

ひとりひとりの様子を確認しながら、個別に意識やエネルギーの使い方を教えてもらえるのがとてもよかったです。
いま、大きな変化を感じています。
これまで、いろいろなところで瞑想や各種ワークを習ってきましたが、あきらめずに取り組んできてよかったです!

これまでは瞑想が大の苦手だったのですが、ここに来て、いまでは大好きになりました!^^

わかっちゃったかも!
<私>という感覚が消え、ものごとが<ありのまま>
──ただ<意識>だけがある、という感覚を体験することができました。

ここでのワークをするようになってから、瞑想中にいろいろなビジョンが見えるようになってきました。
もちろん、それはこのワークの本質ではないことは理解していますが、確実に自分のなかに変化が起こっていることがわかります。

ひとりひとりの状況に合わせて、個別にそして丁寧に意識の使い方を指導してもらえるのがありがたいです。
意識って、それまでは自分にとって当たり前のことだから何とも思っていなかったけれど、ちゃんとした使い方があるんですね!

教わったやり方をしていくうちに、最近は身体に圧がかかるような感覚が出てきました。
松田さんにチェックをしてもらったところ、「波動があがって、エネルギー体が拡張している」と聞いて、納得しました!

ワンステップずつ丁寧に説明と、じっさいにそれを体験するコーナーがあり、取り組みやすかったです。
予備知識も不要だし、むずかしいことを考える必要もなく、ワークを行うことができてよかったです。
身体全体が静かな感じ、空気と一体となるような感じを感じることができました。

「私はいない」というのは、ただの‘表現’ではなかったんですね。
観察をしている‘芯’のようなものがあるだけで、「自分」という存在がまったく感じられない……という感覚です。

ユースティルネス(=純粋意識)の状態を、思ったより簡単に実感できるのがとてもよいです。
かつて圧倒的な静寂に包まれたことがあったのですが、それが一瞥体験と呼ぶに値する経験だったということを、今回のプログラムを受けてはじめて確認することができました。
あらためて、その静けさの感覚を育んでいます。

深く、深く、ただ静かな感じです。
あえて言葉にするなら、「何もない」としか言えないような……。

ワークが多く、体験と理解が一致しました。
ひたすら心地よかったです!

スポーツや楽器の練習と似ています。
自分の能力や可能性がどんどん開拓されていくのが楽しくてしかたありません!

盛りだくさんながら、ひとつひとつ、しっかりと解りやすく教えていただけたので、理解しやすかったです。
純粋意識に関する確信を深めました!

<私>というのは、ほんとうは実体のないものかもしれない。
そんな視点をおもしろく感じ、そしてそれを理解することによって、何だか生きることがラクになるような気がしました。

うちとけた雰囲気でとてもリラックスして参加できました。
質問もすぐにでき、じっくりお話ができてよかったです。
ワークの都度、ひとりずつ自分の状態をシェアしていくのは難しくもあり、同時に気づきもたくさんありました。

楽しかったです。
無の中にいる、何もないという感じを体験しました。

意識がとてもつもなく明晰な感覚です。
「めざめ」とか「覚醒」という表現が使われる理由がよく解りました!

自分の「意識」がわかる、という感覚をはっきりとつかんだと思います。

深ーい感覚。
気持ちはいいけれど、ただフワフワしているのではなく、くっきりと意識が目覚めている感じがわかってきました。
今まで感じたことのなかった感覚を体感できました。

ワークだけでなく、レクチャーも、いわゆるスピリチュアル入門のレベルを超えていて、目から鱗の納得感を感じる場面もしばしばでした!

一人一人丁寧にその時の状態やエネルギーの状態を見てくれるので、安心して習うことができました。
さっそくチャクラが活性化してきています!
また、純粋意識の感覚も徐々につかめてきた感じです!!

プログラム受講のお申込み、お問合せはこちらから!

 

受講前に、もう少しくわしい内容が知りたいという方に……

体験会無料ビデオHotmailはエラーになってしまいます。他のメールアドレスにてお願いします。
※ご利用の機器等によって、まれに申込フォームがうまく作動しないことがあります。
 その場合は、下記あてに直接メールアドレスとお名前をお知らせください。

 ishiki.design@gmail.com

お問合せ、お申込みは、各メニューのご案内下部のガイドにしたがってください。
あるいは、意識デザインまで直接ご連絡ください。
●E-mail: ishiki.design@gmail.com
参加代金は、事前に振り込みをお願いします。
振込口座 三菱東京UFJ銀行 武蔵小杉支店 (普通)5139099 株式会社エム