「チャンダリーの火」入門

<ワークショップ 全メニュー>

※各メニューごとに、詳細ページをご覧ください。

 

●チャンダリーの火 入門

ふたつの「道」

最近はノンデュアリティ(非二元)の教えが普及して、
「私」という意識も、その私が「現実」だと思っている現象も
ある種のヴァーチャル(仮想)だということが理解できる人が増えてきました。

(逆説的な言い方になりますが)映画『マトリックス』は、
けっしてフィクション(想像上のドラマ)ではないのです。

仮想現実から目覚め、そのうえの次元に向けて自分を開いていく──
古くからさまざまな文化において、そのための「道」が伝えられてきました。

中国では、その道をふたつに分けて、
「性(精神的アプローチ)」と「命(身体的アプローチ)」
などと言ったりします。

日本人になじみの深い禅仏教は前者、
古神道や修験道(山伏)は後者の色彩が強いです。

ちなみに、ぼくのところでやっている『意識のめざめ』という
ワークショップも前者といってよいです。

※『意識のめざめ』については、こちら をご覧ください

 

クンダリニーヨーガの難点を超える

世界的に見るならば、クンダリニーヨーガは後者「命(身体的アプローチ)」の代表と言ってよいでしょう。
ただし、クンダリニーヨーガにはいくつかの難点があります。

ひとつめは、エネルギーが粗いため、心身にダメージが及びやすいという点。

ふたつめは、クンダリニーが覚醒した後のことについて、
教えがほとんど残されていない点。
じっさいには、動きはじめたクンダリニーエネルギーを使って、
いろいろとやるべきことがあるのです。

このため、ぼく自身もクンダリニーヨーガについては
基本的なことは修養したものの、
あまりがっつりと取り組むことせずに済ませてきました。

ところが、ここ数年エジプトのファラオや神官に伝わるヨーガを実習し、
さらにはチベット密教の探求をしていて、
珠玉の修行体系と出会ったのです。
『ナーローの六法』という修行体系です。

なかでも「チャンダリーの火」は、『ナーローの六法』の中心となる行法で、
じっさいに取り組んでみたところ効果も絶大で、
ぜひみなさまにもお勧めしたくコースを設けることにした次第です。

 

もっともすぐれた修行法

「チャンダリーの火」は、先にあげたクンダリニーヨーガの二つの難点を
カバーしているのみならず、いくつかの点において
このうえない長所を有しています。

まず第一に、仏教のワークであるという点。

修行法と言うのは、言ってみればお湯を沸かすようなものです。
ほんとうに大切なのは、沸いたお湯をどうするかということです。

それにあたるのが「教え」であり、
「チャンダリーの火」はあくまでも仏教の教えを成就するための行法なのです。

仏教の教え自体についてもこのコースでお伝えをする予定ですが、
一言でいうなら「あらゆる苦しみの原因から自由になること」
だと言っていいでしょう。

ぼく自身が仏教を出発点にしているということもありますが、
仏教は人類史上もっとも完成された教えのひとつだし、
現代日本人の多くにとっても、いちばん馴染みやすいのではないでしょうか。

第二は、(専門的な話になって恐縮ですが)
エネルギーの面における長所です。

「チャンダリー」は、おそらく「クンダリニー」と同じ語源からきていますが、
エネルギーという点でははっきり異なります。

このことをきちんと説明する人は少ないのですが、
トム・ケニオンさんのチャネリングによる『ハトホルの書』には、
その説明があります。

「クンダリニー」は背骨の基底部に眠っているエネルギー。
性エネルギーの元でもあります。
それに対して、太陽神経叢(あるいはお臍もしくは下丹田)に
「セケム」という生命エネルギーがあるのです。

「チャンダリーの火」は、クンダリニーより先にセケムを活性化させます。
これが、先にあげた難点を緩和してくれます。

ちなみに、エジプトのヨーガや中国の道教(タオ)もまた、
クンダリニーではなくセケムを先に活性化させてワークをします。

チベットはその土地柄、インドと中国の両方と交流があり、
ヒンドゥーや仏教だけでなく、道教(タオ)からも影響を受けているものと思われます。
また瞑想法についても、「止観」といって、
中国で発達した禅仏教のやり方を取り込んでもいます。

長所の第三は、エネルギーを上にあげるだけでなく、
下におろすということについても、やり方を示してくれている点。

これもまた専門的な話になってしまって恐縮なのですが、
「命(身体的アプローチ)」には「火の道」と「水の道」があるとされます。

「火の道」は「電気エネルギー(人を活性化するエネルギー)」を
上にあげていくことを中心とし、
「水の道」は「磁気エネルギー(人を癒し、深化させるエネルギー)」を
全身に浸透させていくことを中心とします。

クンダリニーがもともと電気エネルギーだというのもあるのですが、
「火の道」の場合は、エネルギーが頭に上がりっぱなしになりやすく、
それが先の心身のダメージにもつながりかねないわけです。

これに対して、「チャンダリーの火」や道教(タオ)の「小周天」などでは、
セケムを使ってエネルギーを上げ下げするため、
「電気エネルギー」と「磁気エネルギー」をスイッチしながら、
自分を高めると同時に深める、というアプローチができるのです。

ぼくはこれまで40年以上、世界中のさまざまな修行法に触れてきましたが、
これは間違いなくもっともすぐれた修行法のひとつだと言えます。

 

チベットタントラの根幹

『チャンダリーの火』は、チベットタントラの根幹ともいうべきワークです。

現代のチベット密教は、ダライラマ率いるゲルク派が主流で、
教えの内容は高度に象徴化、哲学化され、
そして実修に際しては、きちんとしたラマ(師匠)について
長年にわたる前行をおこなった後に、
灌頂(入門儀式)を受けてはじめて伝授されることとなっています。
残念ながら、現代日本人でその条件を満たすことのできる人は
ほとんどいないでしょう。

でも、『チャンダリーの火』は、チベット密教がいまのような形をとる前の時代に、
各地で一人一派的に修行者たちが自由に取り組むことによって発達をした行法で、
いまの複雑化したチベット密教の元型となったものです。

このため勝手ながら、当時の精神に則り、厳密な手続きは割愛して、
直接その成果に触れさせていただくこととします。
この点については、いろいろなお考えもあるでしょうが、
趣旨をご理解いただける方と道を分かち合うことができれば幸いです。

個別に状態を見ながらご指導をするため、準個人レッスンにて実施しています。
おひとりでも希望者がいらっしゃれば日程を合わせて予定を組みます。

 

<プログラムの内容>

参加者の状況やワークの進捗に応じて、若干の変更をすることがあります。

ステップ-1(3時間)

■何を目指しているのか
■この行法の特色
■留意事項
■金剛薩埵への祈念
■ナローパについて
■準備ワーク
■三脈四輪の観想

ステップ-2(3時間)

■チベット密教の概要
■準備ワーク
■金剛因の瞑想
■蓮華の観想

ステップ-3(3時間)

■変容のプロセスに関する解説
■ナーローの六法の全体像
■準備ワーク
■金剛果の瞑想
■種字の観想

ステップ-4(3時間)

■準備ワーク
■金剛薩埵の念誦と甘露降浄法
■生命エネルギーのコントロール
■チャンダリーの火の点火
■その後に起こること

※ステップ-4までは、ご自身のうちに変化があってもなくても、
まずは実習を進めていただいてかまいません。
一日に2ステップ分まで同時受講していただいてもいいし、
日程の都合で連日の受講となってもかまいません。
やっているうちに感覚がつかめると思います。

※「チャンダリーの火の点火」がひとつのポイントとなります。
そこに至るまでどれくらい時間がかかるかは、まったく人それぞれです。
行法を始めたとたんに反応が起こる人もいれば、
数年を要することも少なくありません。
また、モデルケースとは違った順番でプロセスが進むこともあります。

※チャンダリーの火が動き始めたら、その後は個人指導とさせていただきます。
ライフカウンセリング、あるいはライフコーチングをお受けいただくことをお勧めします。

★ 受講料

各ステップ 32,400円(税込)

一括 108,000円(税込)

 

プログラム受講のお申込み、お問合せはこちらから!

まったくの初心者だけど、大丈夫でしょうか?

「むずかしくてできない」とか「ハードすぎてついていけない」ということはないので、ご安心ください。
逆に、シンプルな瞑想のように、「何もしないでじっとしているのが苦痛」ということもありません(笑)。

準備のための予習や、あるいはじっさいにやってみて、補習のようなことを望まれる場合、動画レクチャーの『丹田を養う』『クンダリニー +(プラス)』をご利用になるとよいかと思います。

生徒さんのおひとりは『丹田を養う』『クンダリニー +(プラス)』だけの受講で、その時点ではまだ『チャンダリーの火』は一般開講前だったのですが、プロセスがスタートしました。

 

具体的にはどのようなことをやるのですか?

チベット密教の修行法で「観想」というのですが、視覚的なイメージを使いながら、「風(ルン=中国の氣にあたります)」を動かすことがメインです。

それに、チベット密教や身体エネルギーに関するレクチャーと、チベット体操によく似た身体的な準備ワークを付帯して行います。

 

『クンダリニーヨーガ』や『気功』とは、どのように違うのですか?

チベットは、インドからも中国からも影響を受けています。
したがって、『クンダリニーヨーガ』や『氣功』と共通するところも少なくありません。

あえていうなら、『クンダリニーヨーガ』は、背骨の基底部に眠るシャクティというエネルギーを喚起しようとするのに対し、『チャンダリーの火』は『氣功』と同じく、腹部に貯蔵されているセケムというエネルギーを中心に扱います。

しばしば『クンダリニーヨーガ』は危険だと言われますが、この点で『チャンダリーの火』は比較的安全だと言ってよいでしょう。

もうひとつは、エネルギーを動かした後、どうするかということです。
『チャンダリーの火』はチベット密教の修行法であり仏教の流れを汲んでいるので、『クンダリニーヨーガ』と同様に、解脱(制限制約から自由になること)を最終目標としています。
これに対して、『氣功』の最終目標は不老不死です(けっきょくは、同じ境地なのかもしれませんが)。

いずれも、ワークショップの中でくわしく説明します。

 

どのような効果が期待できますか?

まずは氣を動かすので、氣功と同様の効果が期待できます。
心身が整い、そして壮健になることです。
そして、それにともなって、引き寄せる現実も向上していくことでしょう。

また、チャクラを開くので、チャクラごとの機能も強化されていきます。
たとえばハートチャクラは愛を喚起し、頭部のチャクラは超能力や超感覚を開きます。

さらに、身体レベルで変容が起こってきます。
このような行法の結果として、しばしば空中浮揚や、身体の透明化、テレポーテーションのようなことが実際に報告されています。
昔話の伝説やつくり話ではなく、現代に生きる同時代の先輩たちの、目撃者を伴う体験談や写真などでも確認できます。

これらはただの「ヘンな話」ではなく、「制限制約から自由になること」がただのものの考え方だけでなく、「現実」のこととして目に見える形で示してくれているのだと思います。

要するに、アセンション(次元上昇)です。

 

成果が出るのに、どれくらいの期間を見込む必要がありますか?

まったく人それぞれです。

私のところに来て数週間で変容が起こり始めた人もいるけれど、この世界ではもう何年もワークを続けているにもかかわらず、まだ目立った変化はないという人もたくさんいます。

ひとつには体質だとか、過去生だとか、あるいは今回の人生でこれまでどんな生活をしてきたかという差もあると思います。

けれども、概して早い人ほど好転反応のようなものが激しいので、早ければいいというものでもなさそうです。

重要なことのひとつは、「人と比べない」ということです。
誰もが、その人にとって必要なプロセスを経験するようになっています。

各種の健康法と同じで、すぐに目に見えた変化が出なくても、つづけていくうちに、着実によき方向に進んでいることに気がつくはずです。

少なくとも、やりはじめて半年経って、何の変化も感じられないということはないはずです。
(各回ごとに、参加者の様子をチェックしながら進めていくのでご安心ください)

「短期的に何かを獲得するための手段」というよりは、「ライフスタイル」として一生かけて取り組んでいく……、そんなふうにお考えいただければ幸いです。

 

チベット密教は、本来ラマ(師匠)について何年もの前行をして、灌頂(入門儀礼)を受けたうえでないと、正式な伝授を受けることができないと聞きましたが?

ここはだいじなところなので、ぜひご自身でご判断をいただきたいところです。

おっしゃるとおり、チベット密教は「宗教」です。
だから本来であれば、その信者となり、教団の指示に従うことが絶対要件となります。

いまのチベット密教の主流はダライラマ率いるゲルク派。
チベット密教のなかでも、もっとも厳格な宗派です。

ちなみに、今回取りあげるチャンダリーの火は、主としてカギュ派に伝えられた行法です。

カギュ派は各地の修行者たちが、一人一派的に比較的自由に修行に取り組んだ宗派なので、こうして修行法の内容もオープンに伝えられているのですが、
現代ではもう主流ではなくなってしまっています。

今回、私たちは、チベット密教の教えや、信仰の対象として中心となる金剛薩埵、歴代のラマ(師匠)に敬意を表し、学習と祈念の時間を持ちますが、宗教的な部分については自由な立場に立ったうえで、修行法の部分についてのみ、
本来の精神を受け継くことをめざしたいと考えます。

この点につき、ご賛同をいただける方にいらしていただければ幸いです。

 

松田さんの別のワークショップ『意識のめざめ』とどちらを受講しようか迷っています。

中国では精神的なアプローチを「性」といい、身体的なアプローチを「命」といいます。
その両方があるし、「性命同修」といって並行していく道もあります。

私のところでは、『意識のめざめ』が「性」、『チャンダリーの火』が「命」にあたります。

『意識のめざめ』では、瞑想の基本とか、意識の使い方とか、あるいは道を歩むにあたって基本的に身につけておきたいものの考え方のようなことを修得していただきます。

『チャンダリーの火』では、身体的なアプローチの実習のウエイトが大きいです。

ご自身の状態やご興味で、どちらをお選びいただくのもアリですし、もちろん並行してお受けいただくのは大歓迎ですし、どちらかを先にして順番にお受けいただいても、道の歩みに問題はありません。

ちなみに、私の生徒さんのおひとりは『意識のめざめ』を受講中、その時点ではまだ『チャンダリーの火』は一般開講前だったのですが、プロセスがスタートしました。

 

プログラム受講のお申込み、お問合せはこちらから!

 

 

■ファシリテーター= 松田 仁 からのメッセージIMG_84744_R-199x300
チベットタントラの最終境地は幻身(ギュル=虹の身体)を獲得し、爪と髪の毛だけを残して物理次元から消えて、自分が全宇宙そのものになることだと言われています。
これとまったく同じことがタオ(道教)でも言われていて、やはり最終的には神(しん)の身体を開発して光に溶け込むことによって、不老不死の境地を得るとされます。
たいていの人は、そのような話を「伝説」であったり、何かの「比喩的表現」として理解しようとします。
けれども、チベット密教史におけるスーパースターのひとりツォンカパは、はっきりとそれは「ほんとうのことだ」と語っています。最近では、クンダリニーヨーガの成瀬雅治さんの空中浮揚の写真や、クンルンネイゴンのKan.さんの身体が半透明になった写真や、テレポーテーションの体験談などが公開されています。
TM(超越瞑想)の最終プログラムもまた空中浮揚だとされ、ぼくも何人かに直接話を聞きましたが、どうやらたくさんの人がそれを体験しているらしいです。別に空中浮揚やテレポーテーションに価値があるのではなく、自分が現実だと思っている物理的制約から自由になるということがじっさいに起こりうるのだというところがキモなんです。このような話をすると、「頭から信じる人」と「頭から否定する人」がいます。
ぼくは、そのどちらもおススメしません。
そこに何かしら惹かれるものがあるのなら、自分で試してみればいいんです。ぼくはというと、いまのところ空中浮揚もしていないし、身体が半透明にもなってはいないけれど(笑)、とりあえず教えにしたがってワークを進めるとともに、そうした先生たちが伝えているような現象のいくつかが起こっています。たとえばエネルギーが動いて、いろいろなチャクラが活性化することによって、至福感に包まれたり、いろいろなことが「わかる」ようになったり、「愛」としか言えないような感受性が開いたり……。
そしてぼくの生徒さんのうち、何人かにもそうした現象が起こりはじめています。もちろん、ただ不思議なことが起こっているというだけの話ではありません。とくにチベット密教の場合は、仏教の一環としてそのようなワークを行うわけです。
究極的には空を体得し、悟りを開くことを目指しているのですが、その原点はあらゆる苦しみの原因から自由になることです。要はワークをとおして、その方向に向かってるかどうかが大切なことであり、ぼくには間違いなくその実感があるので、こうしてみなさまにお伝えをしようとしているわけです。いまはちょうど「アセンション(次元上昇)」ということが言われています。
これから数百年かけて、人類の3割程度が進化の階段を一段昇ろうとしている時期です。ぼくがここでご提案しているのは、「人類」レベルの話と並行して「個人」のレベルで、「数百年」ではなく「今回の人生」で、そして「一段」ではなく「最後まで一気に」昇りきることですが、きっと現代はそのような上昇が起こりやすい時期ですし、たとえ一部でも意図的にそれを志す人がいるならば、きっと多くの人の力にもなるはず……、と思っています。


もともと密教では「即身成仏」──つまり、死んでから自由になるのではなく、生きているこの身が自由になることをめざす、というのが本旨なのです。

「頭から信じる」ことも「頭から否定する」こともせず、まずは実際にやってみよう──そのような方がいらしたら、ぜひおいでください。

 

プログラム受講のお申込み、お問合せはこちらから!

 

お問合せ、お申込みは、お申込フォームより送信いただくか、あるいは、意識デザインまで直接ご連絡ください。
●E-mail: ishiki.design@gmail.com
参加代金は、事前に振り込み、あるいはクレジットカード払い(Paypal)にてお願いします。
●振込口座 三菱東京UFJ銀行 武蔵小杉支店 (普通)5139099 株式会社エム
※クレジットカード払い(Paypal)ご希望の方は、個別にご案内をします。