ライオンズゲート2020

8月8日から12日を中心に、宇宙に向けてある種の扉が開かれる時期とされます。

もともとは暦にある数字のゾロ目から意味を汲み取ったもののようです。

で、8という数字は、ぼく自身のソウルナンバーでもあるから愛着もあるのですが、精神性と現実性のバランスがとてもいいんです。

8は2の3乗。
つまり現実(2)が精神性(3)によって堅固に構成されている。

日本ではとくに「八」という文字の形もあいまって「末広がり」と貴ばれたりします。

さらに、スピリチュアルに関心のある人であれば、8はムーでもっとも尊重された数であり、日本でも八百万の神々とか、あるいはインドでもやっぱり聖なるものを示す数として使われたということをご存知かもしれません。

ちなみに「ライオンズゲート」という呼び名は、この時期がしし座であることから来ているわけですが、この期間はとりわけしし座の質である創造性、率直さ、リーダーシップ、社会的地位、人生を愉しむこと……といったテーマと深く関係があるとされます。

なお、「ライオンズゲート」の期間をもう少し広めに見る人も多く、その場合は7月26日から徐々にはじまる、とされたりもします。

7月26日といえば、「13の月の暦」における1年の始まりとされる日でもあります。

「13の月の暦」は、ホゼ・アグエイアスさんがマヤ暦を参考に提唱した暦法です。

マヤ暦では、ほんとうは春分の日の翌日が新年の始まりとされていたのですが、ホゼが参考にした文献に間違いがあって、7月26日にしちゃったらしいです。

ただ、7月26日を1年の始まりだとするのにはもうひとつ背景があって、どうやらこの日はヒライアカル・ライジングとも重なるらしいのです。

ヒライアカル・ライジングというのは、星が太陽を伴って東の地平線から昇る現象のこと。

とくに古代エジプトでは、シリウスが東の空から昇った直後に日の出を迎えると、毎年ほどなくナイル川が氾濫を起こして、そこで養分がいっぱいになった土に作つけをはじめるだいじな目安とされたそうです。

いまは歳差運動によって若干ズレがあるみたいだけど、その日がだいたい7月26日前後にあたるみたいです。

ライオンズゲートを、地球と宇宙をつなぐ扉の開く日とみなすこととも響き合います。

 

ただ、エネルギーが強いので、頭痛、めまい、吐き気や、お腹をこわしたり、体調を崩す人もいるようです。

また、強いエネルギーによって衝突とか争いなどのトラブルも起こりやすいので、そのあたりは注意が必要です。

とくに、今年は地球と、人類の集合意識が大きな変容をしている真っ最中。

例年以上にハードになるかもしれないというチャネリング情報もあります。

 

というわけで、みなさまが健康でトラブルに巻き込まれることなく、
精神性と現実性のバランスを愉しみながら宇宙とつながること。

そして、みなさまがこの変容の時期を円滑に乗り越えていけるよう祈念して、遠隔エネルギーワークをしたいと思います。

■遠隔エネルギワーク: 2,500円
(オプション)ショートメッセージ: 1,500円
※おひとりずつ、チャネリングによるショートメッセージをお伝えします。

■銀行振り込みの場合
三菱東京UFJ銀行 武蔵小杉支店(普通)5139099 株式会社エム

■クレジットカード/銀行引き落としの場合(Paypal)
(オプションなし) https://www.paypal.me/ishikid/2500
(オプションあり) https://www.paypal.me/ishikid/4000

下記よりお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です